イルミネーション点灯を開始しました!

紅葉の時期が過ぎ、1日の日照時間がだんだんと短くってきました。日没の時刻も随分と早くなり、いよいよ冬の到来を感じる季節となってきました。そんな、夜を飾るイルミネーションの点灯を第1ゲート(管理事務所前)と播磨自然高原中心部にある噴水の2カ所で開始しました。
イルミネーションの設置にあたっては会員の皆さんにお手伝いをいただき、ありがとうございました。
厳しい寒さの到来が予想されますが、皆さんの心のこもった灯りで、高原を訪れる方々の暖かくお迎えできればと思います。

イルミネーションの起源は400年前から

イルミネーションの起源は16世紀のドイツにさかのぼり、夜、森の中で煌く星を見て感動した人々が、木の枝に多くのロウソクを飾ることでその景色を再現しようとしたのが起源だそうです。
日本におけるイルミネーションは、1900年(明治33年)、神戸沖において行われた観艦式で、夜間、各艦船が発光して海面を照らし、一大偉観を見せたことに始まるとされています。

関連記事

  1. 「高原だより2021」を発刊しました

  2. フリスビードッグ大会の開催が決定しました(11月12日・日曜日)

  3. 良き新年が迎えられますように~門松を立てました

  4. 山の家で本場仕込みキムチ作り体験がありました「お味は上々」!

  5. フリスビードック大会が行われました

  6. ドローン・フライト体験会のご参加ありがとうございました!

  7. 高原まつり2023

  8. 「JRローカル線で巡るデジタルスタンプラリーin兵庫・岡山・鳥取」が開…